フォトアルバム

ブログ村ランキング

ブログ内検索

お問い合わせメール

Copyright(C)

  • 当ブログ掲載の記事、写真等の無断掲載、使用を禁止します。
    (c)2004-2005 たかお.
    ALL Rights Reserved.

グルメBlogLinks

RSSリンク

PING送信プラス

track feed

  • track feed
    ラーメン&B級グルメ
Powered by Six Apart

カテゴリ「spa:奈良・和歌山の温泉」の10件の記事 Feed

2008年11月16日 (日)

花山温泉@和歌山県和歌山市鳴神

K6i_09ag

花山温泉内湯浴槽

和歌山県は関西でも温泉の宝庫、南紀の白浜、勝浦の透明な湯が有名です。
でも県北の和歌山市内には、赤い鉄分含んだ茶褐色の湯が湧くんですよ。

続きを読む »

2008年4月13日 (日)

源泉の宿 冨貴/椿温泉@和歌山県 白浜町

Txect9xo

殿方内湯浴槽

和歌山の白浜町は温泉やワールドサファリで有名な町、その南に小さな温泉街が椿温泉。
国道沿いにホテルが数軒並び、国道から海沿いに別荘地へ下りた処に在る冨貴さんです。

続きを読む »

2007年1月 8日 (月)

もみじや旅館/夏山温泉@和歌山県 那智勝浦

Yyzqjgg1
南紀勝浦から串本方面へ一駅戻った湯山温泉、その海に飛び出した先に、
創業昭和二十五年和風旅館の風情が残る静かな海辺の一軒宿もみじや旅館。
そこには良質な硫黄泉かけ流しが・・・まさに現在の秘湯と呼べるのでは無いでしょうか。

夏山温泉「なっさ温泉」と呼ぶこの温泉を知ったのはある温泉掲示板です。
夜、迷いながらなんとかこの宿の前に車止めると硫黄の香りがしてきました。
早速入湯を申し入れて、浴室へ案内して貰うと、浴室から「ざーざー」と湯が流れる音が。
こんな音を聞くのは三瓶の湯元旅館以来でしょうか。

Xcefl1wc
この浴槽に源泉がどばどばと。
床を渦巻いて流れ出ていきます。
もちろん飲泉も出来ますよ。

湯船見て、感動で笑いが止まりませんでした。
4人も入れば一杯になりそうな浴槽に源泉がどばどばとかけ流されてます。
湯温も40度前後と適温で小一時間のんびりと湯浴みを楽しみました。

秘湯といえば山奥の野湯とか言われることが多いですが
この様に観光地のすぐそばに有りながらひっそりと良質の湯を守ってる宿
まさにこれこそが現在の秘湯ではないでしょうか。

Qz6ilmgt
この昭和の風情が日本人の心を和ませますね。
6i_mih4r
泊まりは8000円から
全室から熊野灘の景色が楽しめます。

場所はちょっと分かりにくいです。
国道42号線沿いにある「きよもんの湯」の脇の道を海の方に入っていきます。一山越えた先の海辺にこの宿があります。

もみじや旅館
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川夏山3830
電話 0735-52-0409
入浴時間 15:00〜19:00
入湯料 300円

2006年7月13日 (木)

崎の湯 白浜温泉@和歌山県

1r7s3di_
この雄大な景色とこの青みがかった源泉、もう説明は要りませんよね。Ispyhy2n
Zwrcp5sd
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
電話 0739-42-3016
営業時間 8:00〜17:00
(7/1〜8/31は7:00〜19:00)
(6/1〜6/30、9/1〜9/30は8:00〜18:00)
定休日 水曜
入湯料 300円
URL:白浜温泉観光協会

2006年3月26日 (日)

わらびを公衆浴場 十津川温泉@十津川村

Fqhzdds0 「蕨尾公衆浴場」ワラビオって漢字で書くとこうなります。

十津川温泉の中心地になる公衆浴場です。もう一軒有る公衆浴場が解体されてましたので、こちらに寄りました。後で聞いた所もう一軒の方は綺麗に立て直されてますね。詳しくは十津川村HPにてと。

見ての通りの地元専用の公衆浴場です。でも受付のおばちゃんは気前よく神戸からと知ると、ゆっくりと暖まって、遠いから湯冷めしないようにと心遣いが印象的です。

湯は少し硫黄が香り湯に力を感じました。いい湯の証拠ですね。
Kmulxacm しかし十津川村・・
前回上湯に行った時は国道いや酷道と呼ばれる425号で龍神から行きまして、高々二十数キロの道のりに2時間弱の酷道。今回はその南側の県道(上湯に出る道)使い、それでも少しましなだけの道。マニアでないなら425号は使わないように、検索でも酷道で出てきますよ(笑)

帰りも奈良に抜ける道は崖崩れで迂回路が多いです。大塔村の落盤なんかは2年前のですけど。。。。

住所 奈良県吉野郡十津川村大字平谷715-2
電話 07466-4-0118
営業時間 7:00〜21:00
定休日 無休
入湯料 300円
URL:十津川村観光協会

滝の湯 温泉地温泉@十津川村

Ezlqu9nv 源泉かけ流し泉源の街いや村ですね十津川村の中心部にある温泉地温泉の公衆浴場「滝の湯」です。

名の通り滝のすぐ傍にあり、露天では景観を楽しみながら入浴できますよ。

この建物は元々は旅館でしたので、広く休憩室等も完備してあり、村内の他浴場と比べても良い作りです。湯は言わずと知れた名湯の十津川温泉郷、さらっとした湯上がりは気持ちよいです。

十津川村は温泉教授で有名な松田教授の提案で村内の温泉施設を全て源泉かけ流しにしたことで知られてます。
Vvysyqn8 しかし十津川は遠いね。こちらから自宅まで150キロほどですが、3時間はかかります。
同じ村内でも谷瀬の吊り橋までまだ30分はかかりますと。

温泉地温泉には道の駅もあり足湯も楽しめます。

住所 奈良県吉野郡十津川村大字小原373-1
電話 07466-2-0400
営業時間 10:00〜21:00
定休日 木曜
入湯料 500円
URL:十津川村観光協会

2006年3月23日 (木)

牟婁の湯 白浜温泉@和歌山

Ok2id5rm 日本書紀や万葉集にも紹介される由緒、歴史有る温泉がこの牟婁の湯です。白浜の外湯では一番の規模を誇ります。中は砿湯(まぶゆ)と行幸湯(みゆきゆ)の2種類の源泉からお湯をひいており、一度に2種類のお湯を楽しむことができます。

湯は硫黄臭が香る熱めの湯船は体にしみ渡りますね。

住所 和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1665
電話 0739-43-0686
営業時間 7:00〜23:00 木曜12:00〜23:00
定休日 無休
入湯料 300円
URL:白浜温泉観光協会

松乃湯 白浜温泉@和歌山

Yqekcn4n 綱の湯が閉鎖になり一番のジモ専共同湯、松乃湯です。

公民館みたいな外見は、瀬戸連合町内会が経営しており、地元のひとたちの「老人憩いの家」としても親しまれてます。訪れた時も寿司桶がたくさん置いてありなにかイベントを楽しまれてました。

湯は海が近いこともあり塩分が濃いめ、人が少なかったので落ち着いて湯をよばれました。入湯料が200円もいいです。

住所 和歌山県西牟婁郡白浜町瀬戸743-1
電話 0739-43-0988
営業時間 13:00〜22:00
定休日 火曜
入湯料 200円
URL:白浜温泉観光協会

2006年3月22日 (水)

入之波温泉 山鳩湯@奈良県

Y_oxlj0e 秘湯マニアには有名な温泉、ダム湖の崖にへばり付くように建ってます。

紅葉のシーズンで客は多かったが4時過ぎには人が減りのんびりと。ここは凄いよと。39度の源泉がどばどばと。それに成分のカルシュームが濃くて、島根の湯抱温泉の中村旅館並みの沈殿物。

休憩室もありゆっくり出来ます。私は16時頃行きましたので帰り客が多くて湯船は空いてました。昼間は混むので朝一か最終に行かれるのがお奨めです。

住所 奈良県吉野郡川上村入之波
電話 07465-4-0262
日帰り入浴時間 10:00〜17:00
定休日 水曜
入湯料 600円
URL:http://www.yamabatoyu.yoshino.jp/

2005年12月16日 (金)

白良湯 白浜温泉@和歌山県

Ivpyxtsp 白浜温泉の中心街むさしのロータリーの近く、海沿いの温泉です。ファミリーマートの裏手、行かれる人もファミマに車止めてますが、駐車場は別にありますので注意してください。砂浜直結で海水浴時は便利でしょうね。また砂浜には、無料の温泉浴場あります。

湯は塩分がある白浜の海沿いの湯、画像の様に窓から見える海が綺麗です。もちろんかけ流しでライオンの口から結構な湯量が出ております。
ちなみに、

同行者が別の用事に出掛けた時に散歩して、裏手にボイラー等無いので入ってみると掛け流しと。良かったです。

Uofpvqsz 白浜温泉て、バブルの遺産と思っており侮ってました。「白良湯」を浴びて良さが分かりちょっと調べてみました。

白浜温泉には、崎の湯、牟婁の湯・しらすな・白良湯・松乃湯・綱の湯と6つの外湯があり、すべてが掛け流しでだそうです。崎の湯は野湯の醍醐味、綱の湯はジモ専ぽい奥まった共同浴場で良かったですよ。

住所 和歌山県西牟婁郡白浜町白浜3313-1
電話 0739-43-2614
営業時間 7:00〜23:00 火曜12:00〜23:00
定休日 無休
入湯料 300円
URL:白浜温泉観光協会