フォトアルバム

ブログ村ランキング

ブログ内検索

お問い合わせメール

Copyright(C)

  • 当ブログ掲載の記事、写真等の無断掲載、使用を禁止します。
    (c)2004-2005 たかお.
    ALL Rights Reserved.

グルメBlogLinks

RSSリンク

PING送信プラス

track feed

  • track feed
    ラーメン&B級グルメ
Powered by Six Apart

« 焼めし&豚汁/丸一食堂@神戸市兵庫区新開地 | メイン | 八栄亭下店@神戸市兵庫区新開地 »

2009年8月15日 (土)

旧開明小学校の塀に残る「機銃掃射の跡」

Imgp3538

旧開明小学校の塀に残る「機銃掃射の跡」
 
今日は8月15日、64回目の終戦の日と言う事で戦争遺産ネタ
尼崎にもいくつかの戦争遺産が残っており、その代表がこちら。

昭和20年硫黄島から飛び立った米軍P51ムスタングによる機銃掃射のものだとか、
また、機銃掃射とすれば傷の間隔が均一で無いことから爆発性の大型焼夷弾や
人員殺傷用の破片弾が飛び散った破片の痕跡
ではないかとも言われております。

いずれにしても戦争の傷跡であることには違いないんですよね。
 
戦争で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、恒久平和を願います。

 

Imgp3536

この旧開明小学校、建物としても面白く丸い階段とか窓とか残ってます。
現在この建物、
尼崎市役所開明庁舎として使われております。
 
阪神尼崎駅から南へ徒歩数分ですので、寺町と一緒に散策いかがですか。
近くには大衆食堂の「福助」さんや、寺町の100円たこ焼きの「」さんも。
  
 

Imgp3537

旧開明小学校の塀に残る「機銃掃射の跡」
 
画像左上の金色の金属プレートに詳しく詳細が書かれておりますよ。
また下記リンク先市役所のHPも参考になりますので、ご覧下さい。
  

住所 尼崎市開明町2-1-1 地図はこちら
参考URL:尼崎市HP|Vol.8 旧開明小学校の塀に残る「機銃掃射の跡」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346893/20990319

旧開明小学校の塀に残る「機銃掃射の跡」を参照しているブログ:

» (no subject) (徒然なるワガママに)
旧尼崎市立開明小学校(元、開明国民学校)の校庭の塀 太平洋戦争末期の米軍機の機銃掃射によると思われる無数の弾痕が残っています 当時の戦争を実体験として覚えている世代がドンドン減っていってます もちろん僕も戦後生まれの何もわかっていない世代ですが 伝えていかないといけないこと、忘れてはいけないこと沢山ありますね 戦争や戦いにもっと嫌悪感を持つように、受け継いでいかないといけないことです 今回の総選挙 戦争や平和についてあまり語られていないような気がします 気になります ... [続きを読む]

コメント

恒久平和
その通りですね
うちの実家は長洲ですが、家を建て替えた10年ほど前、油の抜けた焼夷弾がゴロゴロ出てきましたよ

今回の選挙
戦争や平和が少しも論点になってないような気がします

気になります

でぶ8さん
毎度どうも、こんにちは。
ここって懐かしいでしょ。しかし今度の選挙はなぁ。
まあ明日は楽しみですけどね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。