フォトアルバム

ブログ村ランキング

ブログ内検索

お問い合わせメール

Copyright(C)

  • 当ブログ掲載の記事、写真等の無断掲載、使用を禁止します。
    (c)2004-2005 たかお.
    ALL Rights Reserved.

グルメBlogLinks

RSSリンク

PING送信プラス

track feed

  • track feed
    ラーメン&B級グルメ
Powered by Six Apart

« 黒醤油ラーメン/虎一番@尼崎市大島(西大島) | メイン | 丹後ブラック/麺家チャクリキ@京都府与謝野町 »

2009年6月 6日 (土)

宮武うどん@琴平町が閉店

1188647293_120_2

ひやひや 小
 
0877-75-0576
讃岐うどん好きフリークの方、聖地巡礼されてる方はよくご存じの宮武うどんさん
香川一、いや日本一とも言える宮武さん、残念ながら6/4に閉店されたようです。

あのエッジが効いてねじれたこれぞ讃岐ってうどんを味わえないと思うと寂しい。
名物のゲソ天は仕入れでしたが、宮武で頂くことが美味しかったんですよね。
 
「ひやひや」「ひやあつ」「あつあつ」との頼み方は他の店で受け継がれてますが、
おっちゃんの麺打ち、手切り、暗算、そろばんを観れないと思うと寂しいですね。
   

1188647293_79_3

麺切りする宮武のおっちゃん
 
宮武さんは、私が最初に頂いた本場の讃岐うどんです。
もう20年前に出張で琴平へ行った時、現地の方にうどんはどこが美味しい?と
そのときに「西の宮武、東の山下」と教えて頂いてから、宮武さんに通ってました。
  
讃岐うどんブームや麺通団どころか恐るべきの本が出る前ですから行列は皆無
のんびりと奥の座敷でゲソ天を肴にビール呑んで、〆饂飩とかもしていたし・・・
またホテルで朝食とらず、朝8時半の開店に入店しモーニングうどんもしたなぁと。

 
  
  おっちゃん、お疲れ様でした。
      今まで美味しい饂飩をありがとう御座います。

  

※画像はハンツ遠藤氏よりお借りしました。          



宮武うどん
住所
香川県仲多度郡琴平町上櫛梨1050-3
電話 0877-75-0576
営業時間 8:30~17:00
定休日 水曜

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346893/20066177

宮武うどん@琴平町が閉店を参照しているブログ:

コメント

ほんま、ショックですvirgo
おやよが初めて讃岐に上陸した11年前。
まだ、讃岐うどんがメジャーになる1歩手前。
宮武は近所の人が多く、
おやよ一家に「あんたらどこから来たん?」と言われ、
「神戸から来たの」と言うと
めちゃくちゃ驚かれていました。
それからあれよ、あれよと讃岐うどん大ブレーク。
超有名店になった宮武。
朝早くから仕込み、踏み、最後まで包丁きりで
がんばられていた数少ないクラシックなお店。
とっても残念ですが、
おっちゃんの宮武魂はお弟子さんに受け継がれていますよね。
今後もおやよは讃岐の宮武ファミリーを食べ続けまする。(忍)

ええっ、あの宮武が・・・・

おやよさん
まいどどうも。こんにちは。
ちょっとショックなニュースですよね。
麺通団田尾団長にも知らせず突然だったらしいですよ。
私の思い出の店がまた一軒無くなると。
手切りのスタイル、大将も引退時期を模索してたんでしょうね。
お疲れ様でした。

つよしさん
こんにちは。ご覧頂きありがとう御座います。
ちょっとショックですよね。ホントにっざんねんですが
大将にはゆっくりして欲しいです。

二年ぐらい前に此処から徒歩圏内で仕事をした時に寄りました、地元の人の話だと
讃岐饂飩ブーム後半頃から「あそこ味が落ちたねぇ、そういえばそのうち店閉めるらしいよ。」って聞きました、全盛期に行けなかったのが残念です。

M…あの方とは違いますさん
こんにちは。まいどどうも。
宮武さん、残念ですね。
前から「もうやめるねん」とおっしゃってましたわ。
味の方ですが、営業時間が短くなった辺りからちょっと。
手打ち手切りの古典スタイル。
団体がバスで入る様になった時点でもう限界でしょうね。47

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。